東京都港区はわざと保育園に落ちることができます

東京都港区はわざと保育園に落ちることができます

育休は基本、1年間です。
どうしても子どもを預けられない場合に限り、最大2年まで延長することができます。

育休延長のためにわざと保育園に落ちたい場合、
とても入れそうにない超人気園1園だけを記載して申請するという方法がありますが、
これは万が一受かってしまった場合に蹴ると
その月の待機通知がもらえない、すなわち
育休の延長ができなくなり、育休手当ももらえなくなります。

しかし、港区では、
「保育園申請を出しつつ審査にかけるのは保留にしてもらい、待機通知だけもらう」
ことができます。
審査にかけていただくお手間も減らせますし、
こちらも意図せず保育園入園となる可能性をゼロにできて、とてもありがたいです。

ただ、一般的に他の市町村でこのような対応をしているというのはあまり聞いたことがありません。

育休延長目的の「落選狙い」はすでによくある話で、役所の選考の手間が増えているだけなので
厚労省が対策を検討している(希望者には選考前に落選通知を出す)との報道もあります。